2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

他力本願

できない、知らない、わからないと言ってはいけない。病気をしてはいけない。ケガをしてはいけない。落ち込んだり悩んだりしてはいけない。文句を言ってはいけない。泣いてはいけない。失敗してはいけない。

そうしろと言われたわけではない。自分のことで周りに手間をかけさせてはいけない。そうしないと、周りが困る。そんな空気を感じる。

周囲にとって都合のいい人間でなければならない。そんな人間であり続けなければならない。

そのための方法は、以外と簡単。

嘘をつく。できると嘘を言えばいい。

黙る。できるともできないとも言わなければいい。

無表情。楽しくなければ辛くもない。そう思わせればいい。

ふざける。底抜けに明るい人間を演じればいい。

我慢。ただひたすら耐えればいい。

障害者の兄弟姉妹を「きょうだい」というらしい。

苦しんでいる若いきょうだいがいるのではないだろうか。その苦しみを代弁できないだろうか。

でも、ごめんなさい。おじさんには何もできません。きょうだいも人それぞれ。答えはひとつではないでしょうけど、ひとつの答えも浮かびません。若いきょうだいの苦しみを和らげるために、何をどうすればいいのかわかりません。

おじさんは、きょうだいであることで苦しんだ経験がありません。なので、なおさら何の役にも立てません。

このブログの副題に「きょうだい」という言葉を入れました。社会保険や年金や労働問題などが気になって検索した人が、たまたまこのブログにたどり着いたとき、「きょうだい」という言葉を目にしてもらえればと思ったからです。

当事者や福祉関係者ではない人が、きょうだいの存在を知るきっかけにならないかと思いました。そして、そんな人の中に、若いきょうだいの苦しみを和らげられる人がいるのではないか、と思ったのです。まったくの他力本願です。そして、おじさんの独りよがりです。

でも、きっとよくなる。

そんな気がしています。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/43446688

この記事へのトラックバック一覧です: 他力本願: