2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

問題

未成年者

問題です。

未成年者を深夜(午後10時から午前5時)の時間帯に働かせることは、原則として禁止されている。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

賃金未払い

問題です。

賃金未払いがある場合、本社の住所地を管轄する労働基準監督署が、会社に対して取り立てを行う。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

労働契約期間

問題です。

6か月の期間を定めて雇用契約を結び、同じ条件で更新を繰り返す場合、最初の雇い入れから3年を超えることになるので、6回目の更新手続きをすることはできず、期間満了で退職となる。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

資格取得届

問題です。

労働者を雇い入れた際は、労働者災害補償保険資格取得届を提出しなければならない。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

協会けんぽ保険料率

問題です。

全国健康保険協会管掌の健康保険(協会けんぽ)の保険料率は、都道府県ごとに異なる。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

無休・無給

問題です。

1日20時間労働、休日なし、しかも給料もない。それでも労働基準法違反にはならない。

そんなことがあり得るでしょうか?

答えはこちら

法定休日

問題です。

労働基準法に定められている休日(法定休日)とは、日曜日及び祝日のことである。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

天引き額

問題です。

平成22年2月現在、雇用保険の保険料率(労働者負担分)は、0.4%、厚生年金保険の保険料率(労働者負担分)は7.852%、協会けんぽ愛媛支部の健康保険料率(労働者負担分)は4.095%です。

さて、雇用保険、社会保険対象(介護保険は対象外)で、基本給21万円、諸手当なしの人がいたとします。残業は全くなく、総支給はずっと21万円です。

この人の雇用保険料、社会保険料(いずれも労働者負担分)について、次のうち誤っているものがあります。それはどの保険料でしょうか?

雇用保険料     21万円×0.4%=840円

厚生年金保険料  21万円×7.852%=16,489.2円→16,489円

健康保険料     21万円×4.095%=8,599.5円→8,599円

答えはこちら

退職金

問題です。

常時10人以上の従業員を雇用する法人の会社は、必ず、就業規則に退職金に関する規定を記載しなければならない。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

費用徴収

問題です。

仕事中のケガであっても、会社が労災保険の加入手続きをしていなければ、労災保険の給付は受けられない。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー