2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 准救急隊員 | トップページ | 平成30年度雇用保険料率(予定) »

被扶養者異動届の取扱い一部変更

平成29年度の税制改正による配偶者控除及び配偶者特別控除制度の見直しのため、健康保険の被扶養者異動届の取扱いが一部変更されました(日本年金機構ホームページより)。
被保険者の合計所得が1,000万円を超える場合は、所得税法上の控除対象配偶者に該当しないため、証明書類の提出が必要になるとのことです。
健康保険の被扶養者(扶養される人)は、原則として、年収130万円未満(60歳以上または障害厚生年金を受けられる程度の障害を有する場合は180万円未満)で、被保険者(社会保険加入者)の年収の半分未満である、一定の親族が対象です。
被扶養者が、所得税法上の控除対象配偶者または扶養親族であれば、事業主が確認していれば証明書類の添付はいらないのですが、上記の扱いに変更となりました。
税制改正の内容については、国税庁のホームページ等でご確認ください。

« 准救急隊員 | トップページ | 平成30年度雇用保険料率(予定) »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/72697995

この記事へのトラックバック一覧です: 被扶養者異動届の取扱い一部変更:

« 准救急隊員 | トップページ | 平成30年度雇用保険料率(予定) »