2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 外国人労働者問題啓発月間 | トップページ | 平成27年賃金構造基本統計調査 »

平成27年度被扶養者資格再確認

協会けんぽ管掌健康保険の被扶養者の方が、その条件を満たしているかどうかの確認が行われます(全国健康保健協会ホームページ→http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat590/info270529)。

毎年実施されていますが、扶養に入れているのが小さいお子さんだけ、という場合など、扶養家族がいても確認対象外の方もいらっしゃいます。

お子さんが就職して、就職先の健康保険に加入した、という場合など、扶養から外れたことの手続きが別途必要です(お勤めの会社に申し出てください)。就職先で健康保険証をもらったら、扶養からも自動的にはずれるような気がすると思いますが、扶養を外す手続きをしないと二重に加入している状態になります。また、収入が増えたなどの理由で扶養の条件を満たさくなっている場合は、国保への加入手続きと、扶養から外れたことの手続きが必要です。

協会けんぽ、国保、各健康保険組合などは、それぞれの加入者に応じて、後期高齢者医療制度(75歳以上の方が加入する健康保険)を支えるためにお金を拠出しています。そのため、加入者が二重に数えられると、それだけ負担も増えます。負担が増えると、保険料にもはねかえってきます。

このような確認は行われますが、家族が扶養から外れる場合は、速やかに会社に報告をするようにしてください。

« 外国人労働者問題啓発月間 | トップページ | 平成27年賃金構造基本統計調査 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/60190695

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年度被扶養者資格再確認:

« 外国人労働者問題啓発月間 | トップページ | 平成27年賃金構造基本統計調査 »