2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 社労士目線 | トップページ | 建設業の人材確保・育成策 »

セクハラによる労災請求

愛媛労働局では、職場でのセクシュアルハラスメントなどのストレスによる精神障害に関する労災請求等の相談を毎月1回開設しているそうです。専門調査員(臨床心理士)による相談窓口で、今月は、27日(月)14時から17時で行われるようです(予約制。5月以降相談日等は確定しだいホームページに掲載とのこと)。

仕事が原因の病気・ケガが労災の対象になるわけですが、精神障害も対象となります。労災請求できるといっても、セクハラによる労災請求となると、思い出したくないこととも向き合う必要がでてくるため、請求するまでが大変だと思います。請求しても労災認定されるかどうかの不安もでてくると思います。労災請求には時効があります。協力者がいるといいですが、誰にも相談できずにいることもあると思いますので、まずはこういった相談窓口で相談する勇気をもつことが必要になると思います。

(愛媛労働局ホームページhttp://ehime-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/より)

« 社労士目線 | トップページ | 建設業の人材確保・育成策 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/59734041

この記事へのトラックバック一覧です: セクハラによる労災請求:

« 社労士目線 | トップページ | 建設業の人材確保・育成策 »