2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

労働保険年度更新申告書の書き方

平成24年度の「労働保険年度更新申告書の書き方」パンフレットが掲載されています(http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/hoken/h23/index.html)。

労働保険(労災保険、雇用保険)の保険料は、4月から3月までの1年分について、昨年度分の確定額と今年度分の見込額を申告・納付します。期限は6月1日から7月10日の間です。ご準備はお早めに。

ポイント制

厚生労働省ホームページの新着情報に「ポイント制施行に伴う外国人雇用状況届出について」とあったのですが、平成24年5月7日から制度開始のようです(http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gaikokujin-koyou/index.html・・・下のほうに「ポイント制度施行に伴う外国人雇用状況届出について」とPDFファイルがあります)。

高度人材に対しポイント制を活用した出入国管理上の優遇措置を与える制度とのことです。

知らぬが

私の寿命が40歳とすると、あと2年半ほど。この春、中学や高校に入学した子が卒業するまではいられないことになります。まったくの仮定の話で、40歳になんの根拠もなければ、病気になったわけでもありません。もっと短いかもしれないし、150歳くらいまで生きるかもしれませんcoldsweats01

寿命が分かることで減らせる無駄、湧き出る不安、踏み出せる一歩、踏み出せなくなる一歩。

何もかも分かることは、決して幸せなことではないと思っています。

長生き願望はないけれど、今はまだ勘弁してほしいです。きっとまだまだ大丈夫です。保証はないけれど、否定もできないはずfish

事務所だより24年5月号(の一部)

「「有期労働契約」が変わる?労働契約法改正の動向」(「H.24.5.pdf」をダウンロード

あやふや

新しくなった日本年金機構のホームページ(http://www.nenkin.go.jp/n/www/index.html)を見ていると、「社会保険労務士などの方へ」という項目がありました。前もあったような、なかったようなthink

他に「年金委員の方へ」、「市区町村国民年金担当者の方へ」というのがありました。前もあったような、なかったようなpenguin

第44回社労士試験受験案内

社会保険労務士試験オフィシャルサイトより。第44回(平成24年度)社会保険労務士試験について公示されました(http://www.sharosi-siken.or.jp/)。

昨年度と同じく、午前に択一式試験、午後に選択式試験が行われるようです。当日は、電力供給不足が懸念され、試験会場が停電となるおそれがあることについても記載されています。

女性労働基準改正規則の改正

厚生労働省は、「女性労働基準規則(女性則)の一部を改正する省令」を公布しました(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000027poc.html)。

改正女性則は、平成24年10月1日から施行となります。

そんな決まりがあるのか、ということがたくさんあります。全ての法律をご存じですか?

本当にご存知ですか?

本当に全てご存じですか?

私はほんの一部しか知りません。社労士試験合格のためにいら立ちながら覚えた法律はほんの一部の法律です。

「法律を知らないのが悪い」、と言う人ってすごいなあと思います。そうなりたいなあとは思いませんが。

フリーターへの就職支援

厚生労働省は、正規雇用を目指すフリーターへの就職支援を専門的に行う拠点として、「わかもの支援コーナー」と「わかもの支援窓口」を計204カ所設置します(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000027f6u.html)。

平成24年度から実施するフリーターへの支援強化策、「若者ステップアッププログラム」の一環で、求職者一人ひとりに専門職員を担当者として充て、一貫して支援することで正規雇用での就職の実現を目指すものとのことです。

電子版「ねんきん定期便」

日本年金機構の「ねんきんネット」に登録をしているのですが、電子版「ねんきん定期便」がスタートしたということで案内メールが届きました。

今後の「ねんきん定期便」の郵送希望について、意向登録をしてくださいとのことでした。郵送不要の登録をした場合でも、節目年齢(35歳、45歳、58歳)には郵送版が送られるそうです。

新年度

新年度に入り、社労士業務に関連する行政窓口等も異動で顔ぶれが変わります。知っている顔を見なくなったと思ったら、松山市内以外の窓口でお見かけしたり、戻って来られてまたお見かけしたり。

私も、心新たに頑張っていきたいと思います。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »