2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

支給対象変更

雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の支給対象に変更があるようです(http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/a-top.html)。

判定基礎期間の初日が平成23年7月1日以降の申請分から、被保険者期間6か月未満の労働者は対象とならなくなります。6か月以上となった後の判定基礎期間は対象となるようです。

震災に伴う特例措置を受けられる事業主については、7月1日以降も引き続き、被保険者期間6か月未満の労働者も対象となります。

年度更新業務の一部委託

労働保険の年度更新が間もなく始まりますが、平成23年度から年度更新業務の一部が民間事業者に外部委託されます。その他含め、こちらのページ(厚生労働省)をご参考に。→http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken21/index.html

申告書等の発送、申告書の審査等が外部委託の対象業務となっています。

会食

昨日は、仕事の打ち合わせを兼ねて、高そうなお店で食事をしました。ご馳走していただきました。一人では行けんなあ・・・

いろいろと話も聞かせていただき、大変有意義な時間でした。

私でお役に立てるのなら、精一杯頑張ります。

第26回男女雇用機会均等月間

6月の「男女雇用機会均等月間」について掲載されています(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001dl16.html)。

資料の中に、都道府県労働局長による紛争解決の援助事例があり、配置における差別的取扱いとして、総合職を男性のみとしていたことが原因の紛争事例などが記載されていました。

社労士試験時間変更

今年の社労士試験の申し込み期限が迫っていますが、試験当日の集合時間、試験開始時間等の変更があるようです(http://www.sharosi-siken.or.jp/)。

今夏の電力事情への対応のため、集合8:40、試験開始9:00、そして先に択一式試験を実施して、午後から選択式試験となるようです。試験は全国同時に行わないといけませんので、受験地域は関係ないはずです。四国の受験地は高松だけなのですが、当日早起きして行くのをやめて、前泊する人もでてくるかもしれませんね。

受験される方は、受験票が送られてきたら、十分に注意してご確認ください。

臨機応変

今月に入り、相談・打ち合わせを行えるような場所を2か所確保しましたgood。行きつけの喫茶店、とかいうことではなく。

ひとつは、お世話になっている社長さんのご厚意で使わせていただけることとなりました。場所は街の中心部。「使っていいよ」と合鍵までいただき・・・。恐縮です。

お客さんとの相談等は、私が先方に伺うことがほとんどですが、内容・利便性に合わせて対応の幅が広がりました。

広いところに事務所を移転して、何人も人を雇うというのはまだまだですので。

ちなみに、社労士法人でなければ、社労士事務所を2か所以上構えることはできません。

事務所だより6月号(の一部)

6月号「「自律訓練法」の活用でストレス解消」(「H.23.6.pdf」をダウンロード

第7回特別研修

詳細は、来月になりますが、特定社労士に向けた特別研修が予告されています。

受付は、6月20日から7月8日となる予定のようです。

特別犬種研修を受けて、試験に合格して、付記して、特定社労士となります。個別労働関係紛争のあっせん代理が行えるようになるのですが、先日ご紹介した「社労士会労働紛争解決センター愛媛」のような民間ADR機関の場合、紛争価額によっては弁護士との共同受任が必要となります。

先日、弁護士を紹介してほしいという社労士仲間と一緒にごあいさつに行ってきました。紹介するといっても、以前、名刺交換をした程度なので、私も緊張しました。弁護士さんとの接点を増やして、情報収集・交換をしていきたいものです。

労働紛争解決センター

先日、愛媛新聞にも記事が載っていましたが、「社労士会労働紛争解決センター愛媛」が開所しました。

裁判外紛争解決手続き(ADR)のひとつで、労働問題については、各都道府県労働局が窓口となっているものもありますし、社労士会など法務省の認証を受けた民間事業者がおこなっているものもあります。

参考:「かいけつサポート」(http://www.moj.go.jp/KANBOU/ADR/index.html

「愛媛県社会保険労務士会」(http://www.ehime-sr.or.jp/)社労士会労働紛争解決センター愛媛についてはこちら→(http://www.ehime-sr.or.jp/contents/support/outline.html

整理整頓

うまっていく予定。たまっていく業務。減っていくお金think

私が整理整を苦手にしてなければ、もっと効率よく回っていることでしょう。仕事もお金もmoneybag。整理整頓を得意な人がうらやましい。

無駄は多いでしょうが、前に進んでいます。たぶん。

もう少しで。

そんな気がするような、しないような、してるような、してないような、しつつあるような、そうでないような。

やっぱり整理できてない・・・think

保険者算定

県の社労士会から届いた書類に、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の定時決定に関する改正について書いてありました。

4、5、6月に支払われた給料を基準として、毎年新しい標準報酬月額が決まりますが、このやり方で計算するのはちょっと・・・という場合は、保険者が決めます(保険者算定)。

この保険者算定の対象となる場合が、平成23年4月1日からひとつ追加されました。

4、5、6月に支払われた給料から算出した場合と、前年7月から当年6月までに支払われた給料で算出した場合に大きな差があって、業務の性質上、例年そうなってしまう場合です。

いつも春先は残業が多くて給料が高くなってしまう会社や、いつも春先は仕事がなくて給料が低くなってしまう会社などが対象となるでしょう。その場合、申立手続きが必要なようです。

第3回セクハラ・パワハラ防止コンサルタント講座・試験日程

先月25日、財団法人21世紀職業財団ホームページ(http://www.jiwe.or.jp/)に、第3回セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント養成講座・認定試験の日程等について掲載されていました。

詳細は、決まり次第ホームページに掲載されるようです。確か、大阪会場は今回から実施だったと思います。

過労

先日、知り合いが、過労で倒れてしまったようですthink。今はしっかり休んで、英気を養っていることと思います。会社の組織が変わるなかで、気が張っていた部分もあったと思いますが、疲れを隠していた部分もあったのかもしれません。

平気そうにみえても、労働時間、出勤日数などを考慮して、管理者は気を配る必要があります。

私も会社員時代は、呼ばれてもないのに休みの日も出勤してました。一人部門だったので、とにかく、いないといけないと思っていました。行くとこもなくて暇だったしcoldsweats01

家老過労で倒れることもなく、健康診断結果は極めて良好。出勤してただけで、たいした仕事してなかったからでしょうね。

頑張り屋さんの知り合いが、早く元気になることを祈っていますdiamond

満車

一昨日と今日は仕事で出かけましたが、歩いている人を見ると、連休中という雰囲気が漂っててとてもいいです。

周りが楽しそうなので、なんだか楽しい気分です。ただ、駐車場がいっぱいだったのは困りましたが。

比較的、たまった仕事が消化できていますが、足首痛で朝は相変わらず走れずじまい。歩くだけだとやっぱり、消化不良penguin

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »