2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

平成23年度障害者雇用納付金

4月から、障害者雇用納付金の平成23年度申告の受付が始まります。

平成22年7月から常時雇用している労働者数が200人超300人以下の企業も対象となっています。対象企業は、法定雇用率(1.8%)を下回っている場合、障害者雇用納付金を納付しなければなりません。

青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県内で別途厚生労働大臣が告示で指定する地域内に、主たる事務所が所在する事業主が納付するもので、平成23年3月11日以降に納付期限が到来するものは、納付期限が延長されます(PDFファイル:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014tr1-img/2r985200000155y4.pdf)。

平成23年度地域若者サポートステーション事業

厚生労働省は、平成23年度の「地域若者サポートステーション事業」の実施団体(受託候補者)を選定しました(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016w6p.html)。実施個所は、平成22年度より10か所多い110か所になるそうです。

この事業は、「ニート等の若者の職業的自立を目指し包括的に支援する事業」です。

働かない若者が多いのは、若者のせいなのか、親のせいなのか、学校のせいなのか、政府のせいなのか、時代のせいなのか、それ以外のせいなのか、すべてのせいなのか、どれのせいでもないのか。答えを知っている人がいるのなら、解決のために動いて、実際に解決してほしいと思います。

物事を深く考えられない私には、我慢して頑張る、ことしか思いつきません。苦しんでいる若者は、繊細で思慮深い方たちなのかもしれません。私なんかよりも、よっぽど世の中のためになるんだろうと思います。うまくいかないものです。

在宅就業

自宅などで仕事をする在宅就業という仕事の形態があります。

さまざまな利点がありますが、障害者の就業についても大きな利点があります(障害者の在宅就業支援ホームページ チャレンジホームオフィスhttp://www.challenge.jeed.or.jp/)。在宅での就業を希望する障害者の方に対して、厚生労働大臣に申請、登録をしている支援団体、登録団体以外にも支援する団体があります。

在宅就業にも雇用関係があるもの、ないものがあり、実態で判断されることにはなりますが、雇用契約なのか請負契約なのかを明確にする必要があります。

雇用関係がある場合、勤務状況の管理・把握の体制が特に求められます。上記リンク先には、在宅就業の事例も掲載されています。

適用届書集中

協会けんぽ(全国健康保険協会)ホームページより。

年金事務所への適用関係届書が集中する4、5月の健康保険証交付は、遅れる場合があります(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.66793.html)。また、この度の地震による災害で保険証を紛失された等の場合の対応についても記載があります(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.66972.html)。

ハローワークも窓口が混雑し、手続きに時間がかかる時期になります。事業所の担当の方も、業務量が増え、事務処理もはかどりにくく、忙しい時期かと思います。

前線

昨日、松山も桜の開花宣言をしたとラジオで言っていました。

まだ少し寒いですが、卒業式や学校の先生の異動などの話題を耳にすると、春が近づいてるなあという気になります。

新年度に向けて、気持ちを新たにする時期になりました。何事も長続きしない私には、何かのきっかけにいい時期です。結局、長続きしないのですが・・・

長短

正月明けからほとんど見てなかったテレビを、この10日間ほどよく見ました。知りたい情報を得られない間に、多くの恐ろしい光景を目にしました。

悲惨な状況も、前向きな姿も、新たな問題も、知人が無事だったことも、いろんな情報が入ってきました。

まだうまく消化しきれていない気がします。

事務所だより4月号(の一部)

4月号「初めて公表された「会社に関する国勢調査」」(「H.23.4.pdf」をダウンロード

第6回紛争解決手続代理業務試験合格発表

15日、第6回紛争解決手続代理業務試験の合格発表がありました(全国社労士会連合会ホームページより:http://www.shakaihokenroumushi.jp/social/approach/index02.html#t04)。

東北6県および茨城県への成績通知票、合格証書は、送達不能、送達途上での紛失及びその他の事故等の回避のため、一定の時期発送を見送るそうです。

同じく全国社労士会連合会ホームページより。計画停電時の休業手当について、厚生労働省ホームページへのリンク(http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/110316.html)も掲載されていました。

ひといき

先月下旬からの新居浜での仕事が終わり、ほっとしているところです。参加者が熱心で助かりました。会場は、ざっというと図のあたりで、出勤の時間帯だったので、遅れないかどうか心配でした。無事終わってなによりthink

Cocolog_oekaki_2011_02_27_10_31

とはいえ、ひといきついてる場合ではなく、ますます頑張らねばと思います。

流れ

今日も仕事でひと稼ぎ。急きょ入った先日の飲み代を取り戻したといったところですbeer

お金を使うと、入ってくる。これまで、なんとなくそんな法則を感じています。ただ、使う勇気がない・・・

結構稼いだのに、出ていくお金が多くて残らないのか、お金が出ていったから仕事が入ってきたのか。出ていっては入ってくる、それを繰り返すうちに、大きくなっていくのだろうと思います。今はまだ、出て、出て、入って、出て、といったところでしょうか。出て、入って、出て、入っての流れがくれば、加速するだろうなあと思います。

流れはそこまできているのか、まだ遠いのか・・・

福祉機器

今年度の障害者自立支援機器等開発促進事業における開発成果の一般公開について、厚生労働省ホームページに掲載されています(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000013w9x.html)。

出典機器についてみてみると、脳波を使って簡単なメッセージを伝えることができる装置などもあるようです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »