2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

最後の1人

プロ野球の大道選手引退の記事に、現役の南海所属経験選手がいなくなるとありました。

南海、懐かしいなあと思うと同時に、近鉄ファンだった私は、将来、近鉄所属経験の現役選手がいなくなる日が来るんだなあと思いながら記事を読んでましたthink

昭和生まれ最後の現役選手引退、なんて日もくるんですよね。しみじみとそんなことも思いました。

労働保険適用促進強化月間

愛媛労働局ホームページより。11月は、「労働保険適用促進強化月間」です。

労働保険には、労災保険、雇用保険があります。パートでもアルバイトでも、労働者を雇っている場合は、労働保険の成立手続きをしなければなりません。雇用保険の対象にならない労働者しかいない場合でも、労災保険の対象にはなりますので、手続きが必要です。

精神保健福祉普及運動

厚生労働省ホームページより。「第58回精神保健福祉普及運動の実施について」が掲載されていました(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000sove.html)。

「変わらない心の原点を求めて ~沖縄から発信するユイマール精神~」をメインテーマとして実施されます。10月29日(金)には、沖縄県浦添市で「第58回精神保健福祉全国大会」が実施されることとなっています。

眼力

プロ野球のドラフト会議が近づいています。今年は特に大学生選手に注目が集まっていますね。すでにプロで活躍している同学年の選手の名前を見ると、改めて驚かされますbaseball

すぐにプロに入ったほうがいい選手や、進学したり社会人野球を経験するほうがいい選手とかあるんでしょうね。たぶん。

高校野球など結構見ますが、球が速いなあとかよく飛ぶなあとか足が速いなあくらいしか分かりません。当然ながらcoldsweats01

就職の採用試験もそうですが、将来どうなるかという点は予想外の状況の変化などもありますし、活躍する人材を見極めるのは難しいことです。スポーツのスカウトの方や会社の人事の方は、私には見えないものも見えているんだろうなと思います。

適正化キャンペーン

厚生労働省は、11月を「労働時間適正化キャンペーン」期間として、11月6日(土)の電話相談開催などを実施します(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000uefi.html)。

昨年の「労働時間相談ダイヤル」(平成21年11月21日実施)に寄せられた相談は901件で、主な相談内容としては、「長時間労働に関するもの」282件、「賃金不払残業に関するもの」480件だったそうです。

小さな会社では、「俺が残業代ほしいくらいだよcrying」という社長さんも少なくないかと思いますが、「じゃあ、仕方ないですね。残業代払わなくていいですよ」ということになるはずもなく。給料もらえない従業員もつらければ、払うに払えない社長もつらい。なんとかならんもんかと考えても、何も浮かばず。

事務所だより11月号(の一部)

11月号「新しい高齢者医療制度の行方」(「H.22.11.pdf」をダウンロード

キャリア健診

厚生労働省ホームページより。「キャリア健診」モデル実施企業を募集中だそうです(http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/10/tp1012-1.html)。

「「キャリア健診」は、従業員が仕事を通じた成長意欲(キャリア意識)を強く持てる環境づくりのため、企業に人事施策上のヒントを得てもらうことを目的とした事業」で、平成22年度は公益財団法人日本生産性本部に委託して実施されます。

フォーラム

先日、平成22年度 中国・四国地域協議会 社会保険労務士フォーラムが松山の道後(下図参照)であり、中四国9県から200名を超える社労士が参加しました。

Cocolog_oekaki_2010_10_18_12_41※絵の下手さはご容赦ください。

フォーラムでは講演などが行われ、その後は懇親会もありました。楽しく、ためになりました。

名簿記載通知

平成22年11月、平成23年用の裁判員候補者名簿に登録された方に名簿記載通知が送られることとなっています(裁判員制度のウェブページより(http://www.saibanin.courts.go.jp/notification/index.html))。

「裁判員になる可能性があることを事前にお伝えし、あらかじめ心づもりをしていただくため」とのことで、平成22年用は、平成21年11月に送付されました。この名簿記載通知が届いても、まだ「可能性がある」の段階ですが、実際に裁判員候補となったりすると、お勤めの方は会社を休んだりしないといけませんし、早めに「選ばれるかもしれない」ことを知っておくのは大切だと思います。

裁判員に選ばれた社員への対応について、就業規則を改訂した会社も少なくないと思います。該当者が現れて、あたふた。というところもあったかもしれません。誰が選ばれるかわかりませんので、会社としても心づもりが必要かと思います。

誕生

先週、社労士仲間(仲間というのはちょっと失礼ですが)に第3子が誕生しましたshine

めでたい話はいいものです。

出勤

今日は、年金の研修に参加してきました。連休だからか、普段月曜が休館だからか、他に会場を利用する人たちが少なかったようです。車で行ってもよかったかも。

昨日が10日だったので、振替休日かと思ってしまいました。「今日が体育の日かcoldsweats02」いまだに体育の日は10月10日のイメージが・・・。来年は10日のようですが。

厚労省人事労務マガジン

先日登録した、メールマガジン「厚労省人事労務マガジン」の配信が昨日から始まりました(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000t94p.html)。

毎月第1水曜日、法律改正や労務管理に必要な情報などが配信されます。厚生労働省では、その他にも「ハローワーク新卒応援通信」などのメールマガジンを配信しているそうです。

会社員だった数年前の今日、転勤で初めて沖縄へ(1日が日曜だったので2日に初出勤ということになりました)。その前は福岡に住んでいて、やっと涼しくなってきたと思っていましたが、沖縄に着いたときの感想は「真夏やんcoldsweats01」。まだ夏は続く、と覚悟を決めた瞬間でした。

夏の気温は似たようなものですが、冬の気温をみると沖縄の暖かさをしみじみ感じました。それでも、えらいもので、2年目の冬は「寒っ」と感じることもありました。

最近、過ごしやすくなってきたものの、昼間はまだ暑さを感じます。沖縄ほどではないですが、なかなか暑さもしぶといものです。バテないように気を付けねば。

第61回全国労働衛生週間

「心の健康維持・増進 全員参加でメンタルヘルス」をスローガンに、第61回全国労働衛生週間が始まりました(10月7日まで)。

仕事がなかなか見つからないという問題がある一方、過重労働による健康障害やメンタルヘルス不調などが問題となっています。私もそうですが、メンタルヘルス(心の健康)不調を体験していない人からすると、「気にしなければいい」、「気合で乗り越えればいい」で終わってしまうことかもしれませんが、当事者は想像以上の苦しみを抱えているのではないかと思います。職場で気を付けて防止しようとしても、なかなか難しいことだと思います。

今回の全国労働衛生週間のリーフレット(PDFファイル:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/1008-1a.pdf)に、メンタルヘルス対策推進のために、次の2つのサイトが紹介されています。参考にご覧ください。

はたらく人のメンタルヘルス・ポータルサイト 「こころの耳」(http://kokoro.mhlw.go.jp/

「メンタルヘルス対策支援センター」(http://www.rofuku.go.jp/sanpo/eap/index.html

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »