2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

合間

今日が休みだと、1週間の連休ってこともあるんですね。休みなのはいいんですが、書類の提出に限ると、今日出し損ねると次は約1週間後。月をまたぐと面倒なことも出かねないので、連休は注意が必要ですthink

そんな点からも、電子申請は便利なんだろうなあと思います。待ち時間もないですし。利便性もどんどん向上してくると思います。なんとかついていかなければ、と思ってます。

社労士試験の受験申込(3回受験しました)は、いつもこの頃にしてました。ギリギリになって慌てないようにってくらいで、特に意味はなかったんですけど。ゴールデンウィークがくると思い出します。

<ご案内>

労働保険年度更新、社会保険算定基礎届のご準備はお早めに。

ほった社会保険労務士事務所(特定社会保険労務士 堀田 学)

36協定

新入社員の入社などにより、4月は手続きが大変な会社もあることと思います。そして、時間外労働・休日労働に関する協定(通称、36協定)の届出が3月、4月という会社も比較的多いことと思います。

法定労働時間を超える労働、法定休日の労働が発生する場合は、事前にこの届出がされていなければなりません。多くの会社が、有効期間を1年間としていることと思います。そして、年度始めの4月からの1年間としているところも多いかと思います。労働基準監督署への届出がなければ効力が発生しないため、担当者の方は、届出漏れがないか今一度ご確認ください。

<ご案内>

労働保険年度更新、社会保険算定基礎届のご準備はお早めに。

ほった社会保険労務士事務所(特定社会保険労務士 堀田 学)

スローガン募集

厚生労働省ホームページに、毎年10月に行われる「全国労働衛生週間」のスローガン募集の案内が掲載されています(http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p100423-1.html)。

募集期間は、平成22年5月31日までとなっています。

ちなみに、平成21年度は、「トップが決意 みんながつくる 心の健康・明るい職場」でした。

<ご案内>

労働保険年度更新、社会保険算定基礎届、ご準備はお早めに。ほった社会保険労務士事務所(特定社会保険労務士 堀田 学)

資格取得届

問題です。

労働者を雇い入れた際は、労働者災害補償保険資格取得届を提出しなければならない。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

事務所だより5月号(の一部)

5月号「定期健康診断で異常が多い事業所は要注意!」(「H.22.5.pdf」をダウンロード

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

健康管理手帳

「粉じん作業、石綿の取扱いの業務など、がんその他の重度の健康障害を発生させるおそれのある業務に従事したことがあり、エックス線写真で異常が発見される等の要件に該当する方は、離職の際又は離職の後に、都道府県労働局長に申請し審査を経た上で、健康管理手帳が交付されます」

この健康管理手帳について、厚生労働省にリーフレットが掲載されています(http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/100414-1.html)。

交付を受けると、指定医療機関で決まった時期に無料で健康診断を受けることができます。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

平成22年度社労士試験

平成22年度社会保険労務士試験の受験申込受付が始まっています(平成22年5月31日まで)。試験日は8月22日(日)、合格発表日は11月5日(金)と例年どおりの日程のようです。

厚生労働大臣が認めた学校、国家試験に追加があり、受験資格が拡大されています。

詳細は、「社会保険労務士試験 オフィシャルサイト」(http://www.sharosi-siken.or.jp/)をご覧ください。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

主な制度変更

「厚生労働省関係の主な制度変更(平成22年4月)について」が掲載されています(http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/04/tp0415-1.html)。

改正労基法の施行や、平成22年度の年金額など社労士業務に関連するものも多く記載されています。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

平成22年度年度更新

平成22年度の労働保険年度更新についての資料が掲載されています(http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/hoken/index.html)。

6月1日から7月10日(今年度は12日)の間に、労働保険の年度更新手続きをしなければなりません。翌月末日までに納付する社会保険(健康保険・厚生年金保険)料とは異なり、労働保険(労災保険・雇用保険)の保険料は、前払い制です。この年度更新で、昨年度の保険料の確定、今年度の保険料の納付を行います。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

雇用保険資格取得届けの添付書類

厚生労働省ホームページの「平成22年雇用保険制度の改正について」の資料に追加がありました(http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/index.html)。

「雇用保険被保険者資格取得届の際の添付書類は原則不要となりました」として、事業主として初めて届を行う場合や、届出期限を過ぎている場合などを除き、添付書類の提出が不要であることを案内しています。ハローワークごとで取扱方法に違いはあると思いますが。

その下に「社会保険労務士、労働保険事務組合を通じて提出される場合には、原則として、添付書類は不要です。」と記載されています。社会保険労務士法第17条に関する記載なのですが、簡単に言うと、「社労士が確認してるならOKです」ということになりますでしょうか。ちょっと、自慢してみましたcancer

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

マザーズハローワーク・サービス

子育てをしながら就職を希望している方に対して、「マザーズハローワーク」、「マザーズサロン」、「マザーズコーナー」が計148か所設置されています。本年度は、15か所に順次「マザーズコーナー」を増設予定のようです(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000005oeb.html)。

担当者制できめ細やかなマッチング、子供連れでも来所しやすい環境などが、マザーズハローワーク・サービスの内容となっています。

愛媛県内では、「まつやまマザーズサロン」(松山市湊町3-4-6 松山銀天街ショッピングビルGET!4階)、「ハローワーク今治マザーズコーナー」(今治市南宝来町2-1-6)、「ハローワーク新居浜マザーズコーナー」(新居浜市一宮町1-14-16)があります。(参考:愛媛労働局ホームページ 「ハローワーク(公共職業安定所)付属施設・機関等所在地一覧http://www.e-roudou.go.jp/shisetsu/index_03.htm

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

障害者雇用促進法

平成22年7月から、障害者雇用納付金制度の適用対象範囲拡大等の改正がされます。適用対象については、現在常用雇用労働者301人以上が201人以上、平成27年4月からは101人以上へと改正予定です。

先月、障害者雇用状況の改善がみられない7社の企業名が公表されました。

急に障害者を雇うのは難しいことかと思います。障害者雇用については、「ATARIMAEプロジェクト」(http://www.atarimae.jp/index.php)ホームページなどが参考になります。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

らぢお

今日は、今治のエフエムラヂオバリバリへ。

株式会社ビジネスアシスト四国(http://926-4510.jp/)の社長さんの番組収録に、先輩と一緒にゲストとして行ってきました。緊張しましたpig

エフエムラヂオバリバリ「仕事支援塾」、火曜日10:30~11:00(再放送は日曜日19:30~20:00)。今治の方、ぜひお聴きください。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

無題

問い合わせだったり、連絡だったり、不思議と同じ日に集中するもので、今日は何かとバタバタしました。そんな日が増えればなと思います。

昨日は、先輩にひっついて、呼ばれていないお花見に参加してきましたcherryblossom

風が強かったですが、美味しい料理とお酒をいただけてよかったですbottle呼ばれてないのにcoldsweats01

ごちそうさまでした。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

適用範囲

先日、本ブログでも記載したとおり、雇用保険法の一部が平成22年4月1日から改正されています(http://hotta-syarousi.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-9301.html)。

大きな改正は、厚生労働省などより周知依頼を受けた全国社会保険労務士会連合会から、各都道府県社会保険労務士会経由で案内がされたりします。今回も案内がありました。

今回の改正で雇用保険加入の適用が広がっており、注意が必要です。雇用保険の加入対象、社会保険(厚生年金保険、健康保険)の加入対象は基準が異なります。期間の定めのある労働契約の場合、契約期間によって加入対象となるかどうかが変わってきたりします。労働条件の明示は労働基準法で義務付けられていることではありますが、このあたりがあやふやなまま働いたり働かせたり、ということがないようにお気を付けください。

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

協会けんぽ保険料率

問題です。

全国健康保険協会管掌の健康保険(協会けんぽ)の保険料率は、都道府県ごとに異なる。

○でしょうか?×でしょうか?

答えはこちら

<ホームページのご案内>

労働相談は、ほった社会保険労務士事務所へ(特定社会保険労務士 堀田 学)

桜がきれいに咲いていますcherryblossom

毎年、愛媛県社労士会中予支部勉強会という任意の勉強会のメンバーでお花見をしています。お花見をしたのは先月下旬。直前の冷え込みがなければ、というところでしたが、いろいろ手配の関係もあり急な日程変更できませんし、仕方ないですね。晴れただけでもよかったhappy0110日ほど前の思い出です。

この土日あたりにお花見をしたとこは、桜もきれいだったでしょうね。来年は満開の桜の下で、といきたいところです。飲むことが一番の目的ではありますがbeer

国民健康保険料軽減制度

新たな国民健康保険料の軽減制度について、協会けんぽホームページに記載がありました(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.39662.html)。厚生労働省ホームページもご確認ください。→「倒産などで職を失った失業者に対する国民健康保険料(税)の軽減措置の創設及びハローワーク等での周知について」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000004o7v.html

「平成22年4月1日から、倒産・解雇などにより離職した方(雇用保険の特定受給資格者)及び雇止めなどにより離職された方(雇用保険の特定理由離職者)の国民健康保険料(税)を軽減する制度」が開始となっています。

国民健康保険については、各市町村が窓口となります。退職後、協会けんぽ管掌健康保険の任意継続被保険者となるか、国民健康保険被保険者となるかどうかは、それぞれの窓口で保険料を確認のうえ検討してください。なお、任意継続の手続きは退職後20日以内にする必要があります。

雇用保険法等の一部改正

厚生労働省は、平成22年3月31日、雇用保険法等の一部を改正する法律が成立し、一部を除いて4月1日からの施行となることを公表しています(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000005fai.html)。

このうち、雇用保険料率については、同じく厚生労働省ホームページのこちらでご確認いただくほうが分かりやすいかと思います。→http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/osirase.html

エイプリルフール

今日は朝から書類提出で役所回り。

午後はお客さんと打ち合わせ2件。

会合出席のため、夕方の便で大阪へ。

明日の昼は広島で・・・

・・・

・・・

・・・

今日はエイプリルフールchick

こんな話が嘘でなくなるように、と思う今日この頃です。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »