2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

第10回テレワーク推進賞

企業・団体でのテレワークの普及促進を目指し、社団法人日本テレワーク協会は「テレワーク推進賞」表彰事業を実施しています。

今年度は、「活力ある、明るい未来社会を目指して」をテーマに実践事例の募集が行われました。17企業・団体及び個人1名の表彰が決まり、昨日表彰式が実施されたようです(http://www.japan-telework.or.jp/info/hyoushou_2009_i.html)。

技能労務職

松山市ホームページに、知的障害者を対象とした松山市臨時的任用職員(技能労務職)採用選考試験の募集について掲載されていました(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/jinji/1193497_895.html)。

平成21年10月1日から9日までが受付期間となっています。

連休明け

連休が明けました。ありがたいことに2日間は仕事(というほどでもありませんが)が入っていたので、連休疲れもなく無事、朝を迎えられました。

連休中、県外ナンバーの車を多く見かけました。会津ナンバーを見かけたのですが、福島からずっと運転してきたのでしょうか。ご苦労様です。

事務所だより10月号(の一部)

10月号「アルバイト・パート社員の「働く理由」「辞める理由」」(「H.21.10.pdf」をダウンロード

632円

愛媛県の最低賃金が、平成21年10月1日から632円となります。

最低賃金には、この地域別最低賃金と産業別最低賃金があります。愛媛県の最低賃金については、こちらでご確認ください(愛媛労働局ホームページ)→http://www.e-roudou.go.jp/annai/chingin/20602/index.htm

笑顔に逢いたい

独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構のホームページに、テレビ番組放映のお知らせが記載されていました(http://www.jeed.or.jp/activity/education/h21_tv01.html)。

タイトルは、「笑顔に逢いたい。 ~障害を乗り越える情熱の絆~」です。「障害者雇用に先進的に取り組む企業を取材し、(中略)障害者の方が職業的に自立していく姿をドキュメンタリー風に紹介」するそうです。

テレビ東京系列で9月20日、愛媛では南海放送で10月31日放送予定です。

出産育児一時金(10月1日から)

平成21年10月1日から出産育児一時金の支給額と支給方法が変わります(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,24316,39.html)。

支給額は4万円引き上げられ、支給方法は協会けんぽから医療機関等に直接支払うようになります。支給方法について、現在も事前申請の手続きがありますので、出産育児一時金を医療機関等に直接支払い、足りない分があればその額を医療機関等に支払い、一時金の額のほうが多ければ差額を被保険者の口座に振り込む、ということはできていました。

10月1日からは、出産育児一時金の支給申請は医療機関等が行い、出産費用がその一時金の額未満だった場合に、被保険者が差額を協会けんぽに請求するようになります。なお、従来どおり、いったん医療機関等に支払ったあとに出産育児一時金を受け取ることを希望する場合は、それも可能とのことです。

倫理研修

全国社会保険労務士会連合会のホームページ内に、平成21年度倫理研修の開催日等が掲載されていました。

社労士は、5年に1回この研修を必ず受講しなければいけません。登録年度によって受講する年が決まっていて、私は今年受講しました。開催日は都道府県ごとで異なっていて、1月から3月にかけて実施されています。

ほった社会保険労務士事務所ホームページはこちら

職場改善好事例

独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページに、平成21年度障害者雇用職場改善好事例入賞事業所一覧が掲載されています(http://www.jeed.or.jp/activity/education/h21_kaizen_company.html)。

集計状況

例年のごとく、社労士試験をひと通り解いてみようと思いながら、選択式だけ解いて、そのまま3週間。先日、I.D.E社労士塾の復元回答集計状況を見てみました(http://www.ide-sr.com/topics/2009/0911_3269.html)。

選択式の労基法はやっぱり難しかったようですね。基準点に達していない人の割合も他に比べて高いようですが、救済措置はどうなるでしょうか。合格基準予想等発表している受験予備校もあると思いますが、あくまで予想だけに、満点近い点をとってない限り合格発表日まで辛いですね。

協会けんぽ職員募集(平成22年1月採用)

全国健康保険協会ホームページに、職員募集の案内が掲載されていました(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/10,16266,54.html)。

健康保険業務スタッフと保健師の募集で、平成22年1月4日採用予定、応募期限は平成21年10月1日必着とのことです。

金メダル6個

9月1日から6日までカナダで第40回技能五輪国際大会が行われ、日本は金6、銀3、銅5の計14個のメダルを獲得しました(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/09/h0907-6.html)。

もし、私が何かの会社の社長で、自分のとこの社員がこのような大会でメダルを獲ったら嬉しいでしょうね。自分に技術がないだけに、「いい社員を持った」と鼻高々だと思います。

いい人材が集まってくるためには、私自身が地道に力をつけていかなければならないと思います。コツコツ頑張ります。

高齢者雇用フェスタ2009

昨日に引き続き、高齢障害者雇用支援機構ホームページより。

10月1日に、高齢者雇用フェスタ2009が開催されるそうです(http://www.jeed.or.jp/activity/festa/elderly_festa2009.html)。

表彰式やトークショー、各界で70歳を超えて現役として活躍されている方々を迎えての公開シンポジウムが予定されています。今後、定年や年金受給開始が70歳へと引き上げられる可能性もあります。70歳まで、あるいは70歳を超えても元気で働けるよう、ひとりひとりの心がまえも必要なのかもしれません。

現在、70歳の半分です。70歳まででもまだまだ長いですが、生涯現役目指して頑張りたいと思います。

就労支援機器

独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構のホームページで、「就労支援機器のページ」を更新したと掲載されていて、見てみました(http://www.kiki.jeed.or.jp/)。

以前、お金を入れるとお釣りが出てくるレジを見たことがあります。知的障がい者が多く働くお店のレジでした。就労の妨げを取り除くことと就労の場を生み出すことの両面から、障がい者雇用状況が改善されていくといいですね。

都道府県単位保険料率

以前にもご案内しましたが、今月分から協会けんぽの健康保険料率が都道県毎の保険料率となります。平成25年9月までは激変緩和措置がとられます(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,12390,131.html)。

最近は、限られた時間をどう使うか考える機会が増えています。ありがたいことです。

社長(個人事業主)の面白味を感じます。

ほった社会保険労務士事務所ホームページはこちら

東予・南予ブランチ

先日の愛媛経済レポートにも掲載されていましたが、ジョブカフェ愛Workは東予、南予にブランチ(支所)を設置することとなったようです(http://www.ai-work.jp/topics/index_detail.php?rec=144)。

事業内容等、愛Workホームページにおいても随時掲載予定とのことです。

ほった社会保険労務士事務所ホームページはこちら

2周年

開業3年目突入です。この1年は早かった気がします。年を重ねるごとに、年々そう思うのかもしれませんが。

ということで、両親より開業記念日祝いの花です。

090901_184701

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »