2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

合同就職面接会

愛媛県地域共同就職支援センターホームページで、合同就職面接会の情報が更新されています。

開催日は、松山会場が平成21年9月29日(火)、今治会場が平成21年10月15日(木)となっています。参加希望の事業所及び面接希望の方は、こちらでご確認ください。→http://www.ehime-tkssc.go.jp/goudou.html

第一次施行

6月に可決・成立した改正育児・介護休業法の一部の施行日が、平成21年9月30日に決まりました。

施行されるのは、「①事業主による苦情の自主的解決及び都道府県労働局長による紛争解決の援助制度の創設②法違反に対する勧告に従わない場合の企業名の公表制度、報告を求めた場合に報告をせず又は虚偽の報告を行った場合の過料の創設」です。

今後の施行スケジュール等は、厚生労働省ホームページのこちらをご覧ください。→http://www.mhlw.go.jp/za/0827/c07/c07.html

厚生労働大臣表彰

平成21年度障害者雇用優良事業所等に対する厚生労働大臣表彰等の受賞者が決まりました(PDFファイル:http://www.mhlw.go.jp/za/0827/a55/a55.pdf)。

表彰には、(1)障害者雇用優良事業所等に対する厚生労働大臣表彰、(2)「障害者雇用支援月間ポスター原画」優秀作品の厚生労働大臣賞、(3)「障害者雇用職場改善好事例」優秀事例の厚生労働大臣賞 があり、9月2日に東京で表彰式があるようです。

労働衛生週間

平成21年度全国労働衛生週間実施要綱が公表されています(PDFファイル:http://www.mhlw.go.jp/za/0820/a51/a51.pdf)。

毎年10月1日から10月7日までを本週間、9月1日から9月30日までを準備期間としています。本年で第60回を迎えるとのことです。

本年度のスローガンは「トップが決意 みんながつくる 心の健康・明るい職場」です。

このスローガンのもと、事業場における労働衛生意識の高揚を図るとともに、自主的な労働衛生管理活動の一層の促進を図ることとしています。

社労士試験

第41回社会保険労務士試験が昨日終了しました。

試験問題は、社会保険労務士試験公式ホームページからご覧いただけます。→http://www.sharosi-siken.or.jp/

今年は過去最高の申込者数でしたが、受験率はどうだったのでしょうか。合格発表は平成21年11月6日(金)です。

事務所だより9月号(の一部)

9月号「最低賃金、今年は据置きが大勢か?」(「H.21.9.pdf」をダウンロード

健康増進普及月間

厚生労働所ホームページに、「平成21年度健康増進普及月間」について掲載されていました(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kenkou_zoushin21.html)。

「生活習慣病の特性や運動・食事・禁煙など個人の生活習慣の改善の重要性についての国民一人一人の理解を深め、さらにその健康づくりの実践を促進するため、平成21年9月1日(火)から30日(水)までの1か月間を健康増進普及月間とし、種々の行事等を全国的に実施する」とのことです。

少しでも歩く時間をとろうとしていますが、なかなか運動できていません。長く仕事を続けるためにも健康維持は大切なことなので、気をつけなければとしみじみ思いました。

バタバタしているうちに8月も後半に入り、社労士試験もあと1週間をきりました。

この時期は高校野球に加え、オリンピックだったり世界陸上があったりで、社労士試験受験中はなかなか辛い時期でした。結局見てましたが。今年は世界陸上ですね。選挙もありますし、後半も結構盛りだくさん、といったところです。

お盆

今日あたりからお盆休みの会社も多いことでしょう。お昼に入ったうどん屋さんは、結構すいてました。

何回かしか行ったことのない店ですが、普段は混みあってるので、今日はどこに座ろうかとちょっと迷ってしまいました。お店は休みでなくて良かったです。

講習

先日、大阪会場での事務指定講習(面接指導課程)が終了しました。社労士試験合格後、2年以上の実務経験がない場合はこの事務指定講習(通信指導課程、面接指導課程)を受講することで社労士として登録ができるようになります。

面接指導課程というのは、講義形式で行われる講習です。面接が行われるわけではありません。知り合いの方が今回大阪で受講されました。私も大阪で受講しました。受講地が限られており、愛媛からだと日程的にも大阪が多いかもしれません。

4日間あるのですが、宿泊代は痛かったです・・・

海外派遣者特別加入

労災保険には、原則として対象とならない方でも要件を満たす場合に特別加入できる制度があります。

そのうちの1つが海外派遣者の特別加入制度です。転勤等で海外の事業場に派遣された方は、労災保険の対象となりませんが、特別加入することで労災保険の給付が受けられるようになります。日本国内で行われる事業(有期事業を除く)から派遣されて、海外支店など海外で行われる事業に従事する労働者などが対象となります。派遣先が有期事業でも対象です。なお、現地採用の方は特別加入できません。

海外出張と海外派遣は異なり、海外出張の場合は労災保険の対象です。海外出張者なのか海外派遣者なのかは、勤務の実態により総合的に判断されます。

海外派遣者用の特別加入のしおり(PDFファイル)は、厚生労働省ホームページに掲載されています。→http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/040324-7.html

追加募集

日本年金機構は、正規職員(管理職)の追加募集の案内をしています(http://www4.sia.go.jp/jobs/index.html)。

応募期限は平成21年8月31日、採用予定日は平成22年1月1日で採用後6か月間は試用期間とのことです。応募資格はいくつかありますが、前回の募集(平成21年3月30日~平成21年4月30日)に応募した方は応募できないようです。

高額医療・高額介護合算療養費制度

平成20年4月から始まった高額医療・高額介護合算療養費制度の支給申請受付が、今月から開始されます(http://www.mhlw.go.jp/za/0724/a10/a10.html)。

毎年8月1日から翌年7月31日までの1年間における医療保険と介護保険の自己負担額が限度額を超える場合に、超えた金額を支給する制度です。初年度である今回は、平成20年4月から平成21年7月までの16か月分で別途設定されています。

その他参考:(全国健康保険協会http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,268,25.html#kougakukaigo

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »