2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 第3回ものづくり日本大賞 | トップページ | 除外率の引き下げ »

実習型雇用支援事業

「十分な技能・経験を有しない求職者を、ハローワークにおけるマッチング(職業紹介)を通じて、実習型雇用により受け入れ、その後の正規雇用へとつなげる事業主に対し助成を行う「実習型雇用支援事業」」が10日から開始されました(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/07/h0709-1.html)。

実習型雇用は、原則6か月間の有期雇用契約を結び、実習や座学で必要な技能や知識を身につけ、その後の正規雇用へとつなげるものとのことです。

実習型雇用助成金(月額10万円)、正規雇用奨励金(100万円)、教育訓練助成金(上限50万円)が事業主へ助成金として支給されます。

« 第3回ものづくり日本大賞 | トップページ | 除外率の引き下げ »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/30528961

この記事へのトラックバック一覧です: 実習型雇用支援事業:

« 第3回ものづくり日本大賞 | トップページ | 除外率の引き下げ »