2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2年目 | トップページ | 納付金・調整金等の申告・申請 »

都道府県単位保険料率

協会けんぽの都道府県単位保険料率等が決定されました(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/news/detail.1.13893.html)。

現在、全国一律8.2%(労使折半ですので、それぞれ4.1%の負担です)の協会けんぽの保険料率は、平成21年9月分から都道府県単位保険料率に移行されます。各都道府県の医療費等が保険料率に反映されますが、平成25年9月までは、激変緩和措置を講じた上で保険料率が決定されることになっています。平成21年度は全国平均との差が1/10に調整されています。これにより、保険料率が最も高い北海道(8.26%)と最も低い長野県(8.15%)の差は0.11%に縮小されることとなりました。

昨年、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が創設されましたが、医療制度をとりまく状況の厳しさは続いていることと思います。医療費抑制のため、今後も疾病予防や健康増進に向けたさまざまな取り組みがされていくことと思います。

« 2年目 | トップページ | 納付金・調整金等の申告・申請 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/28929523

この記事へのトラックバック一覧です: 都道府県単位保険料率:

« 2年目 | トップページ | 納付金・調整金等の申告・申請 »