2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 扶養親族等申告書 | トップページ | 社会保障協定 »

奨励金

厚生労働省が「ファースト・ステップ奨励金」の創設を決定したという記事が新聞に載っていました。これは、障がい者雇用の経験がない中小企業が初めて障がい者を雇用した場合に奨励金(一律100万円)を支給し、障がい者雇用の促進を図るものです。従業員56人以上300人以下の企業が対象で、早ければ本年度内に導入するとのことです。

障がい者の法定雇用率は1.8%のため、常用雇用労働者56人以上の企業が対象となります。55人の場合、法定雇用障がい者数は、55×1.8%=0.99(人)です。小数点以下は切り捨てのため0人となり、55人以下の場合は障がい者の雇用義務はありません。

また、常用雇用労働者301人以上の企業は、法定雇用率を超えて雇用している場合、超える人数に応じて1人につき月額27,000円が支給されます。法定障がい者雇用数に不足している場合は、不足している人数に応じて1人につき月額50,000円を納付しなければなりません。この納付金の制度は、将来的には対象を301人以上から101人以上へ広げる予定となっています。

参考:独立行政法人 高齢・障害者雇用支援機構ホームページ(http://www.jeed.or.jp/disability/employer/employer01.html

« 扶養親族等申告書 | トップページ | 社会保障協定 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/25320199

この記事へのトラックバック一覧です: 奨励金:

« 扶養親族等申告書 | トップページ | 社会保障協定 »