2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 高年齢雇用継続給付 | トップページ | 貿易 »

移行

今日の新聞に、2012年3月末で廃止される適格退職年金の移行が進んでいないという記事が載っていました。

適格退職年金は、「企業が生命保険会社や信託銀行等、外部機関と契約し、年金原資を外部機関に積み立てるなどの法人税法で定める一定の条件を満たし、国税庁長官に承認を受けることで、事業主が負担する掛金は全額損金として扱われるなどの税制上の優遇措置を受けられる。」(企業年金連合会ホームページより)という制度で、確定給付企業年金法の成立に伴い他の制度へ移行するか廃止するかの選択をしなければなりません。

年金の3階部分などとよばれる部分で、企業が独自に設けているものです。この3階部分には厚生年金基金という制度もありますが、財政難で基金を解散する企業も多くなっています。現在適格退職年金制度を採用している企業でも廃止を検討しているところも多いかもしれません。適格退職年金の移行、廃止について、こちらのホームページを参考にされてください→企業年金連合会http://www.pfa.or.jp/top/qa/qa03.html、確定拠出年金(401k)・退職金相談室http://www.pronavi.net/taisyoku/tekikaku.html

« 高年齢雇用継続給付 | トップページ | 貿易 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/22980689

この記事へのトラックバック一覧です: 移行:

« 高年齢雇用継続給付 | トップページ | 貿易 »