2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 基本業務 | トップページ | 介護の日 »

評価

お世話になっている方から賃金改定の参考としていただいた資料(エクセル)をみていました。モデル賃金など、参考になりましたが、分からない点ばかりなので、いろいろ教えていただかなければなりません。

給料をいくら払うかというのは、事業主にとって悩ましい事がらです。会社はできるだけ経費をおさえたい、従業員はできるだけ多く給料をもらいたい。という当然の感情に線を引くわけですから、双方が満足する可能性は非常に低いかと思います。少しでも多く給料を払ってあげたいけど払えない、もっと給料欲しいけどわがままばかりも言えない、と労使間の信頼関係が強ければいいのですが。少なくとも明確な基準のもと、賃金設定をする必要はあると思います。

そして、給料の額とともに従業員が気になるのが、自分に対する会社の評価ではないかと思います。私はそうでした。そういった従業員への評価(能力)を給料に反映させているところもあるかと思いますが、評価するというのは難しいことです。サラリーマン時代の私は成績が悪く、自分でも嫌になるくらいでした。ただ私にも、いろんな不満がありました。自分の希望とは180度異なるくらいの部門であることが一番大きな要因でしたが、その部門をよくしようと、ない知恵を絞って努力していたつもりです。節目節目で従業員の意見をきく機会がありましたので、不満もいろいろ言いましたが、うまく伝えられないせいもあり、解消までいたることはありませんでした。直属の上司には不満もきいていただき、励ましてもいただきましたが、私にはそれを乗り越える力はありませんでした。

給料の額だけで仕事に満足したり、不満をもったりはしないですよね。会社には見えない、従業員には説明できない不満を見つけ出し、解決できる存在になれればと思っています。

« 基本業務 | トップページ | 介護の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/22632741

この記事へのトラックバック一覧です: 評価:

« 基本業務 | トップページ | 介護の日 »