2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 産前産後 | トップページ | 悲痛 »

資格喪失届

今日は、退職した場合の社会保険(健康保険・厚生年金保険)の資格喪失届について少しふれます。

「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格喪失届」(http://www.nenkin.go.jp/main/system/form-pdf/09.pdf)に必要事項を記入するわけですが、勘違いが多いのが、資格喪失日です。例えば、今日(7月15日)退職した場合は、翌日の7月16日が資格喪失日です。「資格喪失日の属する月」の前月までが加入期間となりますので、特に問題となるのが末日退職の場合です。

7月31日退職の方の喪失日を、間違って7月31日としてしまったとします。年金の話でいうと、その方が8月1日からすぐ別の会社で働こうが無職だろうが、7月は国民年金の加入期間となります。資格喪失日の属する月の前月までが加入期間ですので、その会社の社員として厚生年金に加入した期間は6月までとなるからです。

多くの場合、社会保険料は翌月分の給料から天引きしますので、末日退職の場合、社会保険料を2ヵ月分天引きすることがあります。上記の例でいえば、6月分と7月分です。資格喪失日は8月1日ですので、7月までがその会社での社会保険加入期間となるからです。資格喪失日を7月31日と間違えてしまうということは、正しい加入期間が反映されませんし、天引きしてしまった7月分の保険料は宙に浮くことになります。くれぐれも資格喪失日をお間違いのないようお気を付け下さい。それと、備考欄に「○月○日退職」と必ず記入して下さい。万が一喪失日の記入を間違っていても社会保険事務所の職員さんが気付いてくれます。

また、「健康保険・厚生年金保険 資格喪失届」に退職する方の健康保険証を添付して、提出は法律上、5日以内です。多少遅れても受け付けてもらえますが、退職した方が「健康保険の任意継続被保険者の手続き」をしようとした場合、会社からの資格喪失届が提出されていないと手続きができません。5日以内といわずできるだけ早く提出して下さい。※健康保険組合加入の会社は健康保険組合へ提出となります。

※雇用保険の資格喪失手続きも必要です。ご注意下さい(http://hotta-syarousi.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-4c23.html)。

ほった社会保険労務士事務所ホームページはこちら

ほった社会保険労務士事務所(ブログ)別館「参考書籍はこちら

« 産前産後 | トップページ | 悲痛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/22311975

この記事へのトラックバック一覧です: 資格喪失届:

« 産前産後 | トップページ | 悲痛 »