2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

監督官

29日、人事院は「平成20年度国家公務員採用Ⅱ種試験等の申込状況」を発表しました(http://www.jinji.go.jp/kisya/0805/nishumousi20.htm)。

採用予定者数は、法務教官を除き増加しているようです。団塊の世代の定年退職なども影響しているのかもしれませんね。近年、国、地方とも公務員の人数自体は大幅に減少しており、臨時職員を採用して対応しているところが多いと思います。大きく取り上げられる問題が最近いろいろありますので、臨時職員を採用しても職員の方の負担は相当なものになっていることでしょう。

さて、上記の発表資料では、申込者数、女性の申込者割合などが発表されており、労働基準監督官採用試験では女性の申込者割合が過去最高(29.9%)となったそうです。社労士の仕事をしていると、労働基準監督官の方とお会いすることもあります。その労働基準監督官について少しご紹介します。

『労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいてあらゆる種類の事業所に立ち入り、事業主に法に定める基準を遵守させるとともに、労働条件の向上を図ることを任務とする厚生労働省の専門職員です。』(採用案内パンフレットより)

労働災害が発生した事業場の調査や指導をしたり、定期的に事業場に立ち入ることもあります。また、司法警察という顔ももっており、悪質な違反の場合、検察庁への送検を行います。賃金未払いで書類送検されたなどといった新聞記事の主語は、県警ではなく労働基準監督署となっているはずです。

先のパンフレットにこう書かれていました。『仕事のやりがいを守る、やりがいのある仕事です。』 一次試験は6月15日(日)だそうです。残り約2週間ということで緊張されていると思いますが、受験される方が、本来の実力を発揮できることをお祈りします。

ヒント

昨日は、中予支部会がありました。終了後、懇親会があり3次会までさせていただきました。

大先輩の方々からいろいろアドバイスをいただき、非常にありがたかったです。今後の営業活動のヒントとなるお話ばかりで、ラッキーでした。バイオリズムの下降線上なのか、ここのところなんとなく気持ちが盛り上がらなかったのですが、元気をいただいた気分です。

今後、何年、何十年と社労士を続けていったとき、次は自分がアドバイスを送れるようになりたいなと思います。

個別労働紛争

23日、厚生労働省は「平成19年度個別労働紛争解決制度施行状況」を発表しました(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/05/h0523-3.html)。相談件数は、制度発足以降、依然として増加しているとのことです。今日の愛媛新聞でも、「個別労働紛争」に関する相談が法施行後最多となったことが載っていました。ここでの法というのは、「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」のことで、個々の労働者と事業主との間の紛争が増加していることをうけ、迅速な解決を目指すため平成13年に制定されました。

裁判になる前に解決しましょう、ということで、「労働局長による助言・指導」、「紛争調整委員会によるあっせん」の制度があります。愛媛労働局ホームページ内にも案内されていますので、参考にされてください(http://www.e-roudou.go.jp/annai/kikaku/20202/index.htm)。

厚生労働省の発表資料によると、民事上の個別労働紛争相談の内訳上位は、解雇22.8%、いじめ・嫌がらせ12.5%、労働条件の引下げ12.5%とのことです。「モンスター○○」と呼ばれるほど、言いたいことを言う人は増えてきているのかもしれませんが、声をあげたくてもあげられなかった人が、この制度で救われるといいですね。ひとりで悩み苦しむ人がいなくなることを願います。

アビリンピック

第30回全国障害者技能競技大会(2008 なの花アビリンピックinちば)が、10月に千葉で開催されるそうです(http://www.jeed.or.jp/activity/abilympics/30th_notice.html)。アビリンピックとはアビリティとオリンピックを合わせた造語で、「能力のオリンピック」を意味し、大会の愛称として用いているそうです。

洋裁、電子機器組立、ホームページ、木工などいろいろな競技種目があります。技能を身に付けるというのは苦労が伴いますが、障がいがあると、なおさらのことと思います。昨年、静岡で第7回国際アビリンピックが開催され、金賞を受賞した日本の方も多くいらっしゃったようです。

私は小さい頃から「職人」という言葉に憧れがありましたし、黙々と作業をするというほうが性にあっているとは思うんですが、いかんせん不器用で、これといった技能がありません。技能がないというか、身に付けるまでの期間を耐え抜く根気がないです。アビリンピックに参加される方を見習わなければなりませんね。

納税

今日は夕方から給与計算処理をしました。来月の給与計算までに、住民税額の変更処理をしておかなければなりません。私の住民税額は来月から下がります。昨年の収入が一昨年より減ったということなので、喜んでもいられませんが。

今月は自動車税の納付月ですね。先週、忘れないうちに納めてきました。

税金といえば、確か、ふるさと納税が始まってるはずですよね。大都市への人口集中のニュースも以前ありましたし、地方の財源が少しでも潤えばいいですね。地元の人間が頑張ることがもちろん必要ですので、頑張らねばと思います。

ただ、今年の確定申告で、「還付じゃないのかあ。見落としてる領収書ないかな」と引き出しの中を探したのが現状ですが。・・・頑張ります。

クロスワード

毎月1回、朝刊ともに新聞社の情報誌(?)が届くのですが、その中のクロスワードパズルを毎回解いてます。今日届いたので解いてみました。指定された枠の文字を並べて問題の解答を導き出すのですが、毎回なんとか解答は出せています。

でも、時々全く分からなくて埋まらない箇所があります。解答を出すためには必要のない箇所でも、埋まらないのは、なんとなくスッキリしません。「あ」から「ん」まで空いてる箇所に当てはめていっても分からない。途中で「あっsign03」と思ってもそれで正しいのかが分からない。ということは知らない言葉なんでしょうね。

かと思うと、他の箇所を埋めているうちに埋まっている言葉があったりして、そこがクロスワードの面白さなのかもしれませんね。それにしても、問題作る人ってすごいですね。

中止

今日の愛媛新聞の1面に載っていたのが、「四国新幹線調査を中止」でした。国土交通省が、予算計上していた地質調査費の支出を取りやめたとのことです。

四国新幹線は大阪から徳島、高松、松山、大分を結ぶ路線で、1973年に基本計画が決定したのだそうです。産まれた頃です(厳密には産まれる前ですが)。そんな頃に計画ができてたんですね。ちょっとびっくりしました。来年度以降の調査事業は未定ですが、基本計画路線から外すことは考えていないとのことです。ちなみに愛媛から大分までは海底トンネルで結ぶ予定です。今後どうなるのでしょうか。ところで、実現したとしても高知は通らないわけですね。なんか寂しいですね。

新幹線といえば、九州新幹線が着工していますが、昨年乗りました。卒業後初めてゼミの同窓会があって鹿児島に行く際に利用しました。船で大分に渡り、宮崎を通って鹿児島へと思っていたら、福岡まで北上して、熊本経由で行ったほうが早く着くようだったので、新八代から鹿児島中央までの新幹線の旅を満喫しました。

飛行機で行けば当然もっと早かったんですが、貧乏性なもので・・・

トップが率先 みんなが実行

厚生労働省は、平成19年における死亡災害・重大災害発生状況等を発表しました(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/05/h0522-1.html)。

平成19年の労働災害による死亡者数は1,357人だそうです。減少傾向が続いているとはいえ、こんなに多くの方が亡くなっているようです。

厚生労働省は、「トップが率先 みんなが実行 つみ取ろう職場の危険」をスローガンに、7月1日~7日の「全国安全週間」の活動を展開する予定だそうです。

安全に仕事ができる環境づくりには、健康面への配慮も含まれることと思います。睡眠時無呼吸症候群に関する新聞記事を以前見ましたが、こういったものの情報提供も労働災害防止につながりますね。また、災害が起きてしまう前に、少しでも危ないと思ったことの情報を共有化することも必要だと思います。

小旅行

ブログのデザインを変えてみました。いろんなデザインがあって迷ってしまいますので、定期的に変えようかとも思ったりしますが、そんなこまめなことはできないのでしばらくこのままでしょう。

今日は、2市2町にわたって車を走らせてきました(ドライブではなく仕事で)。と言っても片道1時間ほどの範囲ですが。

最近、仕事をしていて思います。いろんな書類を見せていただいたり、お預かりしたりすることがあるのですが、信用していただいてありがたいなと。それと同時に大きな責任が生じるわけですが、頑張らないと、と気合が入ります。

それともうひとつ思うこと。ガソリン代、やっぱり痛いなあ。

納付期限

今日が労働保険の年度更新手続の最終日でした。来年から6月1日~7月10日が手続期間になるようです。事業主の方は、来年も早めに手続きされてください。のんびりしていると、社会保険(健康保険・厚生年金保険)の算定基礎届けの手続き(例年7月1日~7月10日)も始まってバタバタしてしまうかもしれません。

労働保険には、労災保険と雇用保険があるわけですが、労災保険はパート、アルバイト、外国人の方なども適用されます。そして、保険料は事業主の全額負担となっています。「雇用保険の対象でないから」、「健康保険や厚生年金保険の対象でないから」、といって賃金総額から控除することはできません。

雇用保険についても、例えば、1日5時間・週4日の条件で1年を超えて雇用する見込みがあったとすると、その方は雇用保険の対象です。しかし、社会保険(健康保険・厚生年金保険)の対象とはなりません(※この会社の正社員の労働条件が1日8時間・週5日の場合)。各保険で適用条件が異なりますので、事業主の方はご注意ください。

電子証明書

今日、発行申請をしていた電子証明書を郵便局に受け取りにいきました。というのも、本人限定受取ということで、本人確認書類と印鑑を持って取りにいかないといけなかったからです。

まだ発行申請はしなくていいかな、と多少迷いはありましたが、先月思いきって申し込みました。研修を受けたりもしていますし、少しでも早く取り組んだほうがいいだろうと。社労士が電子申請する際の申請方法を簡略化(という表現が正しいか分かりませんが)するための法改正案も出ているようです(http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=495080025&OBJCD=&GROUP=)。

電子申請も慣れてしまえば、と思いますが、すぐ慣れるでしょうか。慣れるためにはそれだけの仕事が必要ですが、現在のところは残念ながら・・・

重圧

新聞を見ていて、一番時間をかけて読んでいるのはスポーツ面です。時間をかけているというのではなく、好きなので時間がかかっているというのが正しい表現です。

今日の新聞にも逆転、連勝、移籍、いろいろなニュースが載っていました。プロスポーツ選手も職業のひとつであり、内容の違いはあれ、結果を残すことや、現在および将来の生活、体力や健康のことなど、他の社会人と同じように様々な重圧を感じていることと思います。

驚異的な粘り、まさかの敗戦、復活、スランプ等々、スポーツ面の情報に自分を重ねることもあります。とはいえ、多くの人が注目する中で仕事(プレー)をするスポーツ選手の重圧は想像を絶するものだと思います。

結果がすべてではないけど、結果を残さなければいけない。そんなスポーツ選手の活躍に今日も勇気をもらいました。

資料整理

土曜日は資料整理をすることが多いのですが、今日も昼から資料整理をしました。その都度整理すればいいのですが、いつの間にか資料がかさばってしまい、分厚くなったクリアファイルなども多くあります。

かと思うと、一緒にしておけばいい資料が別々のクリアファイルの中にあったりします。分かりやすく片付けようという気はあるのですが、うまく分類できなくて苦労しています。こういうのは能力の問題なのでしょうか。ただの面倒くさがりなのでしょうか。いずれにしても、そのために効率が悪くなっていることもあると思います。大事な資料は気を付けていますが、今後、大事な資料も増えてくると思います(増えてくれないと困りますが)ので、整理整頓の上手な方を真似ることから始めたいと思います。

内々定

14日、株式会社毎日コミュニケーションズが、「就職活動アンケート4月の動き」の調査結果の発表をしました(http://www.mycom.co.jp/news/2008/05/_3.html)。

約6割の学生が内々定を獲得しているそうです。私が内定をいただいたのは1社だけです。春先に内々定が出てるなど、夢のまた夢のまた夢の夢の夢の話でした。今よりも就職活動開始時期が多少遅かったでしょうが。何十社も受けたわけではないですが、ことごとく落ち、その結果、学生の間だけのつもりの県外生活が長引くこととなりました。人生で何が正解ということはないので、いいか悪いかは分からないことですが、就職試験に落ち続けたのもそれもまた良かったのでは、と思います。あの時ああだったら、こうだったら、と思うことはありますが、それが本当にいいことだったかどうかは知るすべがありません。

弟が障がい者じゃなかったら、今とは違う人生だったかもしれません。でも、それが幸せなことだとは思いません。そう思えるということは、幸せな人生を歩んでいるんだろうと思います。

人生85年

9日、厚生労働省は「人生85年ビジョン懇談会」の報告書を公表しました(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/05/s0509-4.html)。

人生85年時代なんですね。そういえばそうですね。生きているとして、私が85歳になった頃は人生何年時代になっているのでしょうか。50年ほど先の話ですから、今とまた大きく変わってる可能性はあります。

定年の下限(現在、段階的に65歳へ移行中)は何歳になってるのでしょうか。年金の受給開始年齢は何歳になってるのでしょうか。変化に対応して生きられるように頑張ります。そして、弟とともに、なんだか知らないけどいつもニコニコしているおじいちゃんになれればいいなと思います。

表計算

昨日、給与からの天引きの件でちょっとした相談を受けたので、計算式を入力したエクセルの表をお送りしました。社会保険料や残業代などが計算されるようにしたものです。計算式自体も簡単なものです。

当然ながら私のレベルでは複雑なものは作れないわけですが、表を作成しながら、ソフトのプログラムを作る人ってすごいなあと思いました。どんな風に作るのかを知らないので全く的外れかもしれませんが、利用者が楽に操作ができるのは、その裏側の複雑な仕組みを作る大変な苦労があってこそだと思います。

エクセルは昔から好きだったのですが、知識はありません。計算式も一般的なものしか知りません。昨日も、所得税も計算されるようにしてみようかと考えましたが、すぐあきらめました。とてつもなく時間がかかることはもちろん、それができるくらいなら、仕事を変えたほうがいいんじゃないかと思いながら。

こんな日

今日は晴れたり、強い雨が降ったり、忙しい天気でした。そんな中、午後から出かけたのですが、パトカーをよく見かけました。ミッキーマウスが来てるから?などと思いましたが、そんなわけないですよね。

訪問先では、「新しく担当になりました」と、交番のお巡りさんがあいさつに来られてました。そんな日なんだあ(どんな日だか分かりませんが)、と訳の分からないことを思いながら帰ってきました。こんな日もあります。

雇用失業情勢

愛媛労働局のホームページに県内の雇用失業情勢(3月分)が掲載されていました(http://www.e-roudou.go.jp/renew_tokei/2008/0422/20080430.pdf)。

改善を維持しているとのことです。こういった情報で、改善された数値が示されたら、素直に良かったと思うようにしています。実感がない、それは東京の話、それは大企業の話、裏があるに違いない、等々思いたくなることはありますが、悪いように考え出すときりがないので。占いも、いい内容のときは信じて期待しています。

ところで、上記の雇用失業情勢の資料に、新規求人数の産業別の動向が記載されていました。前年同月比で、医療・福祉、製造業が増加したとのことです。医療・福祉関係の求人はよく目にします。今日の新聞では、介護職の6割強が慢性疲労を感じているとの記事がありました。求人の理由もいろいろあります。単純に業績向上で人手が足りないのか、それ以外の理由なのか。

前向きに考えることを基本にしつつも、背景にあるものを冷静に見られるようにしたいと思います。

ながら作業

部屋の片付けなど、休みの日にまとめてやってることがいくつかあります。連休明けの週だったので、この前やったばかりだなあと思いながら用事を済ませました。

やるべきことがいろいろあるのですが、うまく消化できてない気がします。物理的に無理な場合もあったりしますが、もっと効率よくできればもっと多くの仕事をこなせるんだろうなあと昔から思いながら現在に至っています。

ながら勉強は良くないと学校などで言われましたが、ながら作業は仕事をしていく上で必要ですね。車を運転しながらラジオで情報を得たり、食べながら寝たり、印刷している間や移動の合間に資料を読んだり、以前よりもちょっとした時間を活用できてるとは思いますが、まだまだです。

さあ、また明日から頑張ります。

海の仕事

国土交通省などが、海に携わる仕事を知ってもらおうと「海の仕事ドットコム」(http://www.uminoshigoto.com/)というホームページを開設したそうです。

海に囲まれた日本ですが、船員のなり手は年々減少しているそうです。船ということであれば、乗客の現象で廃止となるフェリー航路のニュースなどもききますね。県外に住んでいるときは、帰省時にフェリーを利用することが多かったので寂しいです。沖縄にいたときはさすがに飛行機で帰ってきましたが。

港に着いて潮の香りをかぐと、帰ってきたあという気持ちになったものです。それにしても、あんな重いものが浮くことが未だに不思議です。飛行機が空を飛ぶのも未だに不思議です。理屈があるのは分かりますが、やっぱり不思議。

食べ損ね

今日はバタバタしていて昼ごはんを食べ損ねました。サラリーマン時代はよくあったことなので別段どうこうはないのですが、健康であり続けるためにも気を付けなければと思います。でも、朝ごはんはちゃんと食べてるので問題ないかなあ。という考えがダメですよね。

元気なうち、若いうちにしっかり対策を立てることが大事ですね。それが難しいことですけど。バタバタしてると、別にごはん食べなくていいかなという気持ちになってしまい、普段ならお腹が空くのにそのまま夜まで何ともなくなってしまいます。昔先輩に言われました。「メシを食え。歳とってから無理がたたるぞ」と。そんな言葉を思い出しました。

表彰式

今日は会社が創業20周年ということで、商工会議所の表彰式に出席してきました。会社といっても父と私しかいませんが(一応、私は取締役です)。保険代理店業務と給与計算、記帳代行をしています。給与計算業務の拡大を目標にしており、私の社労士開業もそのひとつの手段です。

表彰式には150社くらい出席していたと思うのですが、140周年という事業所もありました。驚きです。

私の社労士事務所も、生きている限り続けていきたいと思います。仕事がこなせることが前提ですが。

新組織

全国健康保険協会が、職員の追加募集をしているそうです(http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken08/index.html#01)。社会保険庁の廃止に伴い、年金分野と健康保険分野に分かれてそれぞれ新法人が設立されるのですが、健康保険事業を行なうのが、全国健康保険協会で、年金分野よりもひと足早く今年の10月に設立されます。

募集しているのは「企画・調査分析業務」で、実務経験3年以上ある方が対象のようで、即戦力の人材を求めているようです。

社労士として協会の運営に何かお役に立てることがあるかもしれませんが、まずは一市民として、健康であり続けたいと思います。そうすることで、協会の運営や病気になった方へ少しでも貢献できればと思います。

ほぼ完成

連休中にやろうと思っていた調べものはほとんどできませんでしたが、仕事はほぼ終わりました。昨日はやはり徹夜はしませんでしたが、比較的早く起きて午前中に結構仕事がはかどりました。

昨日、一昨日にもうちょっと頑張っていれば他にも色々できたのでしょうが、ゆっくり休んで疲れもとれたのでよしとします。また明日からも頑張りますsign03

反動の反動

結局今日もダラダラと過ごし、その反動か夜になって仕事を始め、徹夜しそうな勢いです。たぶん徹夜はしないと思いますが。しないというか、できないと言ったほうが正しいかもしれません。体がもたない・・・

どこまで無理できるのかを冷静に判断できなければかえって損失を生みますね。とはいえ、分かっていても無理しなければならない場面もあるので何とも言えません。

とりあえず今日は無理する必要ないので、ほどよいところで切り上げます。

自己嫌悪

昨日とは一転、今日はダラダラと過ごしました。今日で昨日の続きを仕上げてしまうつもりが全然すすんでいません。頑張った日の翌日はいつもこうです。夏休みの宿題のようです。1日目だけ頑張って(1日目すら頑張らないときもありますが)、結局ギリギリになるまでやらない。自分だけではないと願いたいものです。

結局同じことをいつまでも繰り返してしまうことが多いのですが、社労士試験に合格した年はその反省を活かせたのかなあとふと思い返します。試験勉強の3年目(及び開業前まで)は、肉体労働のアルバイトをしていたのですが、仕事で体を動かしてテンションが上がっているうちに勉強してしまおうと、晩ごはんの準備の前に、帰ったらまず問題集を解きました。

そんな感じで、テレビっ子といってもいいくらいの私が、テレビを見るのはごはんを食べている間に野球中継を見るくらいという生活を送ってました。今でも信じられません。試験が終わったあとはその反動でなにもしませんでしたが。

「集中力はそんなに長く続くもんじゃない」と、これからも自分に言い訳して生きていくことでしょう、たぶん・・・

休日労働

今日は休日の割には集中して仕事しました。といっても、連休中に仕上げなければならない仕事ではありますが。

休日労働に関連して、休日の振替と代休について。どちらも元々予定されていた休日が変更になるわけですが、この2つの中身は異なります。事前に変更するのが休日の振替。事後だと代休です。例えば、毎週土日が休日だとすると、

休日の振替・・・「ごめん、今週、土曜の休みを金曜に振り替えて土曜は出勤して」という場合

代休・・・「今日は土曜で休みやったのに、出てきてもらってごめんね。そのかわり、今度の月曜を休みにするね」という場合

どちらも、元々休みだった土曜に労働しています。ですが、振替休日とした場合、休日労働による割増賃金は発生しません。代休の場合、休日労働による割増賃金が発生します。ただし、振替休日の場合も、振り替えたことで週40時間(44時間の例外あり)労働を超えることになれば、時間外労働に対する割増賃金は発生します。

電車通勤

松山-大阪往復の強行日程の影響か、何となくむくんでいた足がやっと元に戻りました。2日連続、バスでの睡眠だったのでしかたないですね。横になって寝るって大事です。

今日から毎週金曜日は、朝電車で出かける用事があります。すいていたのですが、その時間の便はいつもそうなのか、ゴールデンウィーク中だからすいてるのか、来週の状況をみないと分かりません。といっても、今日は少し早めに出たのですが。

福岡でサラリーマンをしていた頃、通勤ラッシュを経験しました。ギュウギュウ詰めでやってきた列車にさらに乗り込むのはなかなか辛かったです。早起きすれば多少違ったんでしょうが、ギリギリまで寝てたので・・・。何度も遅刻しました。

ちょっと仕事はしますが、明日から連休です。しっかり疲れをとろうと思います。

返還

任意加入をしていて保険料を納めすぎていた方への、保険料返還の案内が掲載されていました(http://www.sia.go.jp/topics/2008/n0501.pdf)。(社会保険庁ホームページより)

国民年金には、老齢年金を受け取るための加入年数(25年)に足りない、満額(40年分)に近づけたい、という場合に任意加入できる制度があります(詳細については省略します)。任意加入した結果、加入年数が40年を超えてしまっていても、納めすぎた保険料を返してもらうことはできませんでした。記憶があいまいですが、根拠となる法律がないというのが理由だったと思います。あきらめていた方も多いのではないかと思います。

ちなみに、40年分が満額というのは国民年金の話です。年金は本当に複雑です。これまでも基礎年金制度の導入など改正がおこなわれていますが、やはり分かりやすいとはいえない制度です。経済が右肩上がりで、少子高齢化なんて想像できなかった頃とは状況が変わり、我慢の時です。いつまで我慢しなければならないか分からないのが辛いですね。

年金もらわなくても生活できる、というくらい稼ぎたいものです。自営業なので定年はないですが、収入の保証もない。悩みはつきませんね。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »