2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 雇用 | トップページ | フリーター »

先行事例

社団法人日本看護協会は、22施設の多様な勤務形態の先行事例をホームページ(http://www.nurse.or.jp/kakuho/pc/various/)で公開しています(http://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/2008pdf/20080404.pdf)。

勤務表や職員の声も紹介されているようです。実例というのは非常に参考になりますね。このブログでも何度かでていますが、看護職に限らず、厚生労働省はワーク・ライフ・バランスの実現を企業に求めています

「休みが必要なときに休める体制」の確立が大きな課題ではないかと思います。難しい問題なのですが、小さな部分ではと言うのか、無意識のうちにと言うのか、既に実現できていることもあるのかなと思ったりもします。「予定より早く来客があり、担当者が不在だったが別の社員が対応できた」、「自分がいなければ仕事が回らないと思ってが、急病で休んだ日も業務が滞りなくすすんでいた」といったことはあると思います。似たようなことをかつて私も体験しました。

情報の共有化などの制度面での対策ももちろん大きいですが、結構、周りは助けてくれるものだと思います。意外とあっさり仕事を引き受けてくれたり、休みを変わってくれたり。「お互いさま」と言いあえる人間関係があることが前提ですが。そんな人やそんな職場は多いと思うのですが、私の周りだけでしょうか。

« 雇用 | トップページ | フリーター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/20446574

この記事へのトラックバック一覧です: 先行事例:

« 雇用 | トップページ | フリーター »