2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 特例子会社 | トップページ | お花見2 »

仕事と生活の調和

内閣府 男女共同参画会議 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する専門調査会は、9日、企業が仕事と生活の調和に取り組むメリットを公表しました(http://www.gender.go.jp/内閣府男女共同参画局ホームページの「トピックス・お知らせ」)。

「両立支援や柔軟な働き方のメリット」、「業務の効率化や長時間労働の是正」、「従業員の心身の健康保持」による企業のメリットが概要版に記載されていました。「従業員が出産を機に退職して人員を補充するケースよりも、同じ従業員が就業を継続し、育児休業を取得・短時間勤務を行うほうがコストがかからない」という試算もありました。取り組みの実例とその効果も記載されています。

コスト減はもちろんのこと、育児休業取得・短時間勤務の試算のところに記載されていた「それまでに培われた従業員の知識や経験の損失を防ぐことができる」というのが目にとまりました。用具の片付け方(例:ほうきを先に入れないと戸が閉まらない)、機械不調時の対処方法(例:ここを軽く叩けば直る)、常連客への対応など、能力云々ではなくそこで働いていた人でなければ効率やサービスの低下につながることも多いのではないでしょうか。ちょっと話がそれた感もありますが。

いずれにしても、従業員を大切にする思いが企業にとってもプラスになるということかもしれません。

« 特例子会社 | トップページ | お花見2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1010628/20148908

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事と生活の調和:

« 特例子会社 | トップページ | お花見2 »